猫をこよなく愛す。


by 5momo8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

のだめ

先日の”笑ってコラえて吹奏楽の旅SP”をみて以来、吹奏楽魂に火がつき、吹奏楽、クラシック、音楽という言葉に敏感になっています。
そんな私が今、はまっているマンガ。

のだめカンタービレ

「のだめ」は主人公野田恵のあだ名。「カンタービレ」は音楽用語で「歌うように」の意。

のだめは桃ヶ丘音楽大学ピアノ科の学生。楽譜を読むのは苦手でも、一度耳で聴けば完璧にその通りに弾けてしまう才能の持ち主。その演奏は自分の好き勝手に暴れまくり飛び跳ねる制御不可能なもの。(そういう意味では「完璧にその通りに」弾くことが出来ない)

彼女の家の中はゴミため状態で(食べ物が腐ってたり変な虫がわいてたり)、髪は4日おきにしか洗わない、友達のお弁当を勝手に食べる、等々の常識外れぶり。

そんな彼女がある夜一目惚れしたのは、同じピアノ科の先輩、千秋真一。ピアニストの息子で指揮者志望の千秋はイケメンで学校中の憧れの的。しかしとある理由から自らの音楽に行き詰まり悩んでいる。

千秋は執拗に近づくのだめに辟易しつつも、彼女のピアノの才能に心惹かれる。

のだめや仲間たち、世界的指揮者シュトレーゼマンとの出会いによって、千秋は指揮者への道を開いていく…
(はてなダイアリーより)

今はまだ1巻しか読んでないけれどはやく続きが読みたい。
b0021465_2355290.gif


表紙がさまざまな楽器を吹いている”のだめ”なところが素敵。特にお気に入りが6巻のホルン。ホルン懐かしい~。久々に吹きたくなりました。
b0021465_2355963.jpg

[PR]
by 5momo8 | 2005-10-16 23:59 | 日常