猫をこよなく愛す。


by 5momo8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

天国へ行ったにゃん

以前の記事でも紹介した、うちに来て16年の猫、”にゃん”が先日亡くなりました。

トップの写真のネコが実は”にゃん”なんだけど、改めてみるとホントにかわいい。
16年もいると家族と同じ位大切な存在でした。

にゃんとともに成長し、悲しいときはよく慰めてもらったなあ。って思い出すと、涙が出そうになります。

私の勝手な思い込みかもしれないけど、にゃんは私の気持ちが分かるんです。
すごくつらいときに一人で泣いてたら、トコトコってやってきて、チョコンと私のひざの上に乗っかって私の手をなめるんです。
すっごく励まされたなあ。

寝るときはいつも同じで、一緒にお布団にもぐって一人前に、私の腕枕で寝てました。
そんなずうずうしいところも大好きだったのに。

最近は年のせいか、体の機能もだんだん弱ってきてオムツを着用していました。
ごはんも食べれるけれど、加減が分からないのかすぐに吐いちゃって。
見てるだけでかわいそうでした。

12月の初めに帰ったときにはまだ元気で、私がごはんを食べてると「ちょうだい」といって、手を伸ばしてきてたのに…。
死とは突然訪れるものです。
こんなことならあの時もっと撫でてあげてればよかった、大好物のニボシを食べさせてあげればよかった、と後悔は尽きません。

今頃、何してるのかなあ。
天国で先に死んじゃった小猫と再会してるかなあ。

もう撫でてあげることすらできないけど、あの世に行っても幸せに暮らすんだよ。
[PR]
by 5momo8 | 2005-12-28 04:07 | 日常