猫をこよなく愛す。


by 5momo8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

でたよでたよ

もともと汚い教室であることに加え、子どもは所かまわず給食を撒き散らすので、絶対いつかでるだろうな、と予想はしていたけれど、先日ついに彼が登場してしまいました。

しかも最悪のタイミングで。

それは昨日の給食の時間。

「いただきます」の挨拶をして、ごみ袋を入れている引き出しを開けた瞬間でした。
彼はひっそりと引き出しの中に生息していました。

黒い体をひからせながら。

そう、彼の名はGOKI・BURI。通称ゴキです。

幸いなことにクラスでもおとなしめの子にしか異変を気づかれなかったので、私はそ知らぬ顔で
引き出しを閉めました。

本格的な彼との格闘は給食後に持ち越しです。

給食後、ゴキをどう処理するか悩んだ挙句、掃除機で吸い込むことを決断しました。
そして、ついに禁断の引き出しを開けるときが。

緊張の一瞬です。

いた!!いたよ!!彼はさっきいた2段目の引き出しから逃走し、1段目の引き出しの隅に隠れていました。しかも1名の死体もともに発見。

その引き出しは上下左右囲まれているため逃げ道は正面の一箇所しかありません。
ゴキが平気な子どもたちにバリアを作らせ、ついに掃除機の出番です。

スイッチを入れたら迷わずゴキを直撃!!
やった!!
作戦成功、掃除機君はゴキを吸い込んでくれました。
ついでに死体も捕獲。

われながら実に巧妙な作戦だ。
でもひとつ心配なのが掃除機の中に入ったゴキくんがまたしぶとく出てこないかということです。

掃除機の仕組みをよくしらないんだけども、その心配はないのかね?
また出たきたらやだねえ。

あと、彼の仲間がまだ潜んでいたらやだなあ。
[PR]
by 5momo8 | 2006-09-23 15:59 | 学校