猫をこよなく愛す。


by 5momo8
カレンダー

<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今日は

久々に勉強したら頭がくらくらします。

なれないことはしないに限る。

明日から12月です。早いなあ。。

あっという間に来年になっちまうね。

今年やり残したことはなんだろう?

うーん、、頭が働かない…。

明日の夜までに考えておくことにしよう。

とりあえず今日は寝るか。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-30 01:34 | 日常

自給率

今日はゼミで「最近野菜が高いが農水省はどのような対策をとっているのか」という発表をしたのですが、ひょんなことで日本の自給率の話題になったのですよ。

みなさん、日本の自給率はいくらか知っていますか?カロリーベースでいうとなんと41%ですって。

私たちが食べているものの実に半分以上が輸入によってまかなわれているということです。

しかもそうやって外国からわざわざ輸入しているにも関わらず、そのうちの二割は廃棄されているそうな。

なんてもったいない!

今は食べたいときに食べたいだけ食べることができるから、そんなことを聞いてもピンとこないけれど、ほんとにもたいない話だと思いますよ。

昔、お茶碗についたご飯粒を残していたらよくおばあちゃんに怒られたっけ。

ご飯一粒にしても、農家の人が1年間丹精込めて育てて、やっと食べれるものなんだから残してはいけないよって。

確かにそうなんだよね。

どんな食べ物でもいきなりふっとわいてでてきたものはひとつとしてなくって、誰かが一生懸命育てたものなんだよね。

そんなこと考えないよね。普段。

日本人は贅沢しすぎなんだ。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-29 08:09 | 学校

焼津青少年の家

今年の6月から焼津青少年の家に行って青少年野外教育スタッフの研修をしてきたわけですが、それも今日で終了しました。

めでたく”静岡県青少年指導者初級”の資格が取得できました。

研修というとなんだか堅苦しいイメージですが、全くもってそんなことはなく、毎回本当に楽しく活動できました。

特に印象的だったのが夏休みに行なった、”チャレンジスクール2004年夏”です。

これは子どもたちのリーダー役となり、5泊6日の宿泊学習を行うというものなのですが、男の子と女の子との仲が悪かったり、やんちゃな班員がいたりして、日々悩みが耐えなかったです。

しかし、最終日にはみんな仲良くなり、お別れするときにはみんな泣きながらさよならを言っていてこの子達と活動できて本当によかった、と思えました。

私にとっては教師になる決意を固めることのできた、とても貴重かつ、印象的な体験でした。

そもそも、私はこの研修会に参加する予定はなかったのですが、この研修会の説明会の前にたまたま友達に誘われて、説明会に参加したところ、「海つり」など興味深い企画が盛りだくさんだったため応募してみただけなんです。

そしたらたまたま、今年は抽選がなくって定員ちょうどだったので参加することになったのです。

だから、最初はほんとに軽い気持ちで参加しましたし、動機も「釣りがしたいから」とかなり不純でした。

でも、いまとなっては参加して本当に良かったと思います。

直前で誘ってくれた友達にほんとに感謝感謝です。

また、こういう機会があればぜひとも参加してみたいなあ。

b0021465_23572744.jpg
焼津青少年の家
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-28 23:51 | ボランティア

終わった~!!

やっとこさテープおこしが終わりました。

1時間分のテープおこし。ほんとに大変でした。

何が大変って、みんな声が小さいから何を言ってるのかわからなくて何度も聞きなおさなければならないところ!!

量にしてみればWordで20枚くらいだけど正味15時間くらいかかったような…。

もうやりたくないです。

テープおこしは終わったけれど、まだまだやらなくちゃいけないことがいっぱい。しかもこの土日で。

うーん、頑張ろう…。

でもとりあえず、一安心です。

ああ、終わってよかった。。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-27 21:50 | 学校

死生観

大学の講義で泣いてしまいました。

”高齢者介護問題を考える”っていう講義だったのですが、今日はゲストティーチャーとして看護士さんが来てくれました。

そして、高齢者の終末期、いわゆる死を迎えようとしているときの過ごし方について話してくれました。

看護士さんって確かに技術的な面で患者さんをサポートするのも大事なのですが、それ以上に精神面をしっかりサポートしてあげることのほうがはるかに大事なんですって。

確かにそうですよね。何にしてみても。

人と人とのかかわりですから。

日本は死に直面した人に死のことを口にするのはタブー視されているけれど、本当にそれでいいのだろうか?

私も去年、祖父をなくしたのですが、そのときも死について口にすることはありませんでした。

私は実家が遠いので、祖父が危篤のときにもすぐに会いに行くことができませんでした。

そのときはしょうがないと思っていてたけれど、今思うとなんてひどいことをしてしまったのだろうと悔やまれます。

お父さん、お母さんがいて、お父さんのお父さん、お母さん、お母さんのお父さん、お母さん、つまりおじいちゃん、おばあちゃんがいたから今の私があるのだから、もっともっとそれらの人々を大切にすべきだし、感謝しなければならない、ということはあたりまえです。

私の家族がいたから今、私は、楽しい毎日を幸せに送ることができている。

私はそんなこともわかっていなかったのです。

ちょっと考えたらすぐにわかることなのにね…。

だめな孫だ。

そんな経験もあってか、先生がお母さんの死を見取ることができなかったといって涙ぐんでいたときに私も思わず胸が熱くなってしまったのです。

人は意識がなくなっても、耳は聞こえているし、皮膚の感覚は死ぬ直前まであるといわれているんですって。

声を掛けてなにも反応してくれなくっても、ちゃんと聞こえていると思うんです。

だからもし意識がなくなってからでも最後までそばに寄り添って、声を掛けてあげたり、手を握ってあげるようにしてあげようって思いましたよ。

私ももしそれが本当だったら、そうしてほしいもの。

みなさんも大切な人とお別れするときはぜひともそうしてあげてくださいね。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-26 23:12 | 学校

県庁

今日は久々に県庁に行ってきました。

12月に行なわれる高校生のためのエイズ学会の打ち合わせです。

初対面の人とお話しするのが苦手な私ですが、以前に比べると改善されたように思います。

以前は近寄りがたいオーラがあったように思います。。

よく、コミュニケーションの基本は挨拶と笑顔って言うじゃないですか?

だから、いつも笑顔でいたら、よーく考えてみたらただへらへらしてるだけの人なんじゃないのかな?と思えてきました。。

へこむ。

だから、大事なのは笑顔も大事だけれど、いつも笑っているだけじゃだめなんですよ。

たぶん。

適度に会話にはいっていかねば。

それがまた難しい。

これからの課題です。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-25 23:12 | ボランティア

高校に行ってきました!

大学の近くに高校があるのですが、山奥のため一度も行ったことがありませんでした。

もう3年近くここに住んでいるのに…。

その高校は山の上にあるから行くだけでも超大変。チャリでいったのですが死にかけました。

で、何しに行ったかというと、授業です!!

家庭科の授業を友達と二人でしてきました。

どんな授業かって言うと、浦島太郎のお話を紹介するの。

浦島太郎のお話には3つの結末があり、みんな意外と知らないので興味をもってくれました。

というか私も知りませんでした。

一つ目はみんなが知ってる、おじいさんになるお話。

二つ目は死んでしまう話。

三つ目は鶴になる話。

死んでしまうのはかわいそうだからってちょっと不人気でした。

でも玉手箱を開けるなといったのに開けたからおじいさんになってしまった、死んでしまったというのは、約束を守らなかったら、ばちがあたると言うことを子どもたちに教えるには最適だと思うのだけどなあ。

高校生はみんなキャピキャピしていました。

若いなあ。

でも、この前私、高校生に高校生?って間違えられましたw

と言うことは私もまだまだいけるということかな(笑)
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-24 23:24 | 学校

AIDSボランティア

12月に静岡で日本エイズ学会が開かれるのですが、その行事の一環として高校生用のエイズのイベントが開催されます。

この前、エイズ関連のボランティアをした関係で今回の行事もお手伝いすることになったのですが、それがなかなかお勧めなんです!

なんでかっていうと、けっこう有名な人がいっぱい来るんですよ!

まず一人目がグラビアアイドルの岩佐真悠子さん!

ドラマ”Deep Love”の主演アユ役をやった人です。私は知らなかったんですけどかなりかわいいですよ。

二人目はNHKアナウンサーの村竹勝司さん!

「NHKスペシャルデータマップ63億人の地図」、「おはよう日本」の中継リポーターなんかをやってた人です。

この人はかなり話がおもしろいらしくって、お腹を抱えて笑えるほどだそうw

三人目は泌尿器科医の岩室紳也さん!

人呼んでコンドームの達人!この人もなかなかおもしろい人らしいですよ。

このように豪華ゲストが盛りだくさんのイベントなんですがなんと、今回先着300名に限り、無料で見られるんですよ!

こんなチャンスは他にないと思いますよ。しかも勉強にもなるし。

高校生対象のイベントなので高校生に来てほしいのですが大人でも十分ためになると思いますよ!


[詳細]

とき:2004年12月11日(土) 午後2~5時
場所:JR東静岡駅 静岡グランシップ6F第3会場(交流ホール)
申し込み先:静岡県健康福祉課疾病対策室
メール shippei@pref.shizuoka.lg.jp
FAX  054-221-3291

「12月11日参加希望」・名前・年齢・連絡先を記入して申し込んでください♪
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-23 00:27 | ボランティア

じんましん7日目?

7日目にしてやっと落ち着いてきました。

もうこれで治ったのかな?って思っていたら体があったまると出てくるみたいです。

お医者様に聞いてみたところ最初の症状がひどかったのであと3週間くらいは薬を飲み続けなければならないとのこと。

ああ、大変だあ。

これで癖になっちゃって、すぐに出るようにならないかが心配…。

今日は4時半に病院の予約をしていたんだけれども、5時半までゼミの予定だったので当然その時間には、間に合わないなとは思っていたんですよ。(ゼミをちょっと早く帰らせてもらおうとは思っていたけれど…)

で、案の定病院に着いたのが5時半で、1時間半くらい待ってくださいっていわれたんですよ。

予約の時間もだいぶすぎてるししょうがないかなあと思っていたところ、すぐに呼んでくれて、病院の方の優しい心遣いにちょっと感動しちゃいました。

そんなちょっとルンルン気分で家路に向かっていたところなんだか自転車の後輪の音がおかしい!

ちょっと降りてじっくり見てみるとやっぱり…。パンクでした。

ついてないなあ…。

最近直したばっかりなのに!でもMYチャリをまじまじと見てみるとサドルはさびているし、タイヤは磨り減っているし、ボロになってきたなあと感じました。

思えばこのチャリを買ったのははるか3年も前。私がまだきゃぴきゃぴの一年生の頃でした。

チャリもぼろくなっているってことは私もそれだけ月日を経てきたんだなあ。このチャリとともに…。

そう思うとなんだかしみじみとした気持ちになりました。

もう3年近くもこの地で暮らしているのか…。長いようで短かったなあ。

って、別に引っ越すわけじゃないんだけどね。。

ちょっと思っただけです。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-22 01:37 | 健康

じんましん6日目

え!?6日目!?

超長いなあと言うのが正直な感想。

薬のおかげでなんとかよくなりましたが、薬が切れる頃になるとやっぱりぶつぶつが出てきます。

明日から学校なのに急にじんましんが出るかもしれないと思うと怖いです。

しかも明日に限ってフルコマ…。

しかもしかも明日はゼミがあって発表だし。。

そしてあさっては祝日だからゼミをはや引きして病院に行かねば…。

なんかこんな考え事をしてるだけでじんましんが再発しそうです。

やっぱり、食べ物じゃなくってストレスが原因なのかなあ…。

そんな気がした日曜日の夜でした。
[PR]
by 5momo8 | 2004-11-21 23:56 | 健康